経費

アメニティとリネン、どちらに費用をかけるべきと思われますか。

大手のホテルやチェーン展開をしているビジネスホテルであれば、仕入れる量が違うので、スケールメリットを活かしてアメニティ関連商品は安くもできるでしょうし、その分、有名メーカー品も使えるかもしれません。ある面では、ホテルの矜持というか「見栄」(失礼!)というか、ある程度のブランド品を使わなければならないホテルもあるかもしれません。また、そう考えている総支配人や支配人もいるとは思います。もちろん、「こだわり」であればそれはそれでいいのですが、そのようなケースであっても意外にリネンの質にはこだわっていないホテルもあるようです。すべてではないかもしれませんが、多くの女性のお客様は旅慣れているとご自分でご自分のお使いのシャンプーやコンディショナーはお持ち歩きになります。ホテルのシャンプーの質云々よりも、自分に合うものを持ち歩く方が多いように感じます。そうなると、ホテルのシャンプーなどのアメニティについてはそれがどこまでプロモーションの役割を果たすか疑問となります。
一部のホテルではシャンプー類のアメニティの写真をHPにアップしているようですが、それがホテルを選ぶ優先選択肢にはならないと思います。それよりも、宿泊してシャワーを浴びた後で、質のいいリネンに当たればいい印象が残りますし、質の悪いリネンは場合によっては致命的になるかもしれません。男性としても、バスタオルがすでにバスマットのように固くごわごわした状態になっているホテルに当たる時があります。また、若干の匂いを発するリネンにぶつかったこともあります。バスルームの広さはどうしようもありませんが、シャワーカーテンが臭かったりリネンが古いものだと、バスルームに対する評価もより下がってしまいます。リネンについてはだいたいがリネン会社からのリースだったりしますが、その契約の更新時に思い切って別の企業に契約先を変えたり、同じ契約の中でも質の悪くなったものを小まめに差し替えるような内容にすれば、古くてごわごわのリネンも新品同様のものになります。特にいうわけではないかもしれませんが、ビジネスホテルの中でもリネンの質が悪く、バスルームの評価に悪影響を及ぼしているケースが多いように感じられます。女性客も増えているわけですので、ぜひ、自分のホテルのリネンの質を見直していただきたいと思います。

関連記事

  1. 経費

    人件費の構成比は30%以下になっていますか。

    これについては優秀な(あくまでPL上)ホテルでは20%以下に抑えられて…

  2. 経費

    取引企業の見直しを定期的に実施していますか。

    まずはそんな一般的なことかと言われそうな事項からですが、ご存じのように…

  3. 経費

    水道光熱費の削減のために何か実施しましたか。

    水道光熱費の節減は永遠のテーマです。特にホテルの場合はお客様の使用分に…

  4. 経費

    エージェント手数料を費用計上していますか。

    すべてのホテルマンが考えることですが、いわゆるエージェント手数料という…

  5. 経費

    LED電球に交換しましたか。

    データ上での数値には驚くべきものが見られますが、残念ながら多くのホテル…

  6. 経費

    CAPEXもBSに費用計上されていますか。

    CAPEXはいわゆる設備投資であって、長期的な資産改良のための支出のこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料ガイドブック公開中

アーカイブ

  1. 経理部門に関すること

    売掛金管理はシステム化されていて、各部署のデータは自動で取り込まれますか
  2. 施設管理

    備品更新に既製品を使用したことがありますか。
  3. レストラン

    朝食には特徴あるメニューがありますか。
  4. 経費

    取引企業の見直しを定期的に実施していますか。
  5. 総合

    最終的にはRevPARと稼働率、どちらを重要視しますか。
PAGE TOP