収益改善ノウハウ

  1. ガラ携ならぬ、ガラ系ホテルになっていませんか。

    独立系のホテルに関わる問題点としてほぼ宿命とも言えることがあります。それは人事交流が難しいこととそれに伴ってどうしてもオペレーションが独自のものとなることです…

  2. 正当な営業利益率とは。

    現在では様々な経営形態がホテルにあります。もともとホテル業を生業とする企業がホテルを経営・運営する例は大手ではほとんどなく、金融系・不動産系・電鉄系・異業種系…

  3. 昔懐かしいブロックとネットの在庫の違いは。

    インターネット以前の話を若い世代にしても意味のないことかもしれませんが、それ以前はやはりいわゆる旅行代理店の対面販売やその営業力がホテルのそれを凌駕し、セグメ…

  4. 備品はどこで買いますか。

    ホテルでは本当に様々な備品が必要です。その備品はいろいろな分類ができます。まず、極端に言えば、毎日使うものから一年に一度しか使わないものもありますし、お客様が…

  5. 安全に対する意識は常に持っていますか。

    レストランや宴会場で、すなわち、食事を提供する場所と客室との違いはどこに最大公約数を見出すかにあります。食事の場合、値段相当であるのは最低条件かもしれませんが…

  6. ロビーの客用トイレは常に清潔ですか。

    ロビーの客用トイレのお話です。どこのホテルにもロビーやレストラン付近、あるいは宴会場階に客用のトイレがあります。ここについては多くは客室の清掃業者にパブリック…

  7. 大手の傘下に入るという選択肢を考えたことがありますか。

    ホテルの経営者の方々の悩みの一つに、継承問題があります。もちろん、同時に建物自体の更新の問題も絡んでくると、問題としては深刻です。これはそのご家族やその企業の…

  8. ホテルの知名度をどうやって上げますか。

    なかなか独立系のホテルでは難しい問題です。「広告費の裏腹」で述べたように、いたずらに知名度だけを狙った広告を、ましてやテレビなどには打てませんし、ホテルの知名…

  9. リース契約をしているものがありますか。

    備品の購入の際に多くの場合、事前に予算計上されていることは少なく、突発的でしかも可及的速やかに購入しなければならないという状況になっているのではないでしょうか…

  10. スタッフはホテル内外の商品知識を持っていますか。

    自社ホームページの項でもお話ししましたが、顧客の獲得という直接的なインパクトを期待はできないかもしれませんが、スタッフの商品知識やホテル周辺の情報の把握は重要…

無料ガイドブック公開中

おすすめ記事

最近の記事

  1. 《コラム》シャンプー・リンスの消費量
  2. 《コラム》宿泊特化型ホテルのフロントの適正人数
  3. 《コラム》大手チェーンホテルの落とし穴。
  4. 《コラム》 キャンセル料は取れないか。
  5. 会計システムへの仕訳は自動で行えますか

アーカイブ

  1. レストラン

    朝食の原価率は30%以下ですか。
  2. 経費

    取引企業の見直しを定期的に実施していますか。
  3. 総合

    リース契約をしているものがありますか。
  4. 部門共通

    パソコンやプリンタの機械的な故障で困ったことがありませんか
  5. 総合

    損害賠償保険には加盟していますか。
PAGE TOP